日本風力開発株式会社
EN

About wind power 風力発電を取り巻く環境

将来性が期待される
日本の風力発電ビジネス
洋上風力発電を含め、風力発電事業は国内外を問わず今後さらなる拡大が見込まれています。

  • 地球温暖化への緊急対策

    地球温暖化への緊急対策 地球温暖化対策は国際的な重要課題であり、二酸化炭素の排出が極めて少ない風力発電所の開発が世界的に推進されています。

  • 新エネルギー政策

    新エネルギー政策 2005年2月に京都議定書が発効し、エネルギーの安定供給と地球環境問題対策として、新エネルギーの導入促進に対する期待はますます大きくなり、風力発電はその中核を担う新エネルギーとして注目されています。

  • コストパフォーマンスの向上

    コストパフォーマンスの向上 1990年代後半から始まった風力発電機の大型化によりコストパフォーマンスが向上。ブレードの直径が100メートルクラス、発電容量が3,000kWをこえる風力発電機も登場し、風力発電の発電コストが圧縮され競争力が高まりました。

  • 電力系統との連系対策

    電力系統との連系対策 電力系統との連系や解列、蓄電池の活用等により風力発電の導入が促進されています。

  • 土地利用のあり方に対する検討

    土地利用のあり方に対する検討 政府において国立・国定公園内での風力発電機の設置について、審査基準が決められました。周囲の景観や環境に及ぼす影響を充分調査したうえで、その条件を満たす場所については設置を認めるかどうかの検討が行われます。

  • 港湾地域や洋上などへの設置

    港湾地域や洋上などへの設置 風が強く、輸送に便利な港湾地域への風力発電機の設置、風が強い洋上における風力発電機の設置が具体化されています。